痛くないハイパースキン脱毛とは?


現在最も痛くないと言われるハイパースキン脱毛とは、これまでの脱毛サロンで行ってきた光脱毛とは異なるアプローチで脱毛する方法になります。
光脱毛の場合、メラニン色素に反応する光を照射することで毛を生やす細胞を焼き切るのですが、ハイパースキン脱毛はそれとはまったく別の方式になります。
一般的な脱毛サロンでは黒に反応する高熱で成長期の毛の毛根にダメージを与えるので、70度~80度くらいの高熱を入れることになります。
そのため、光脱毛は熱くて痛いのです。
ハイパースキン脱毛は、休止期の毛根に特別な光を当てることで毛の成長を止めます。
光脱毛のように黒に反応する高熱ではなく、人の体温とほとんどおなじくらいの熱量しか入らないので、熱くなくて痛くありません。
ハイパースキン脱毛は高熱を使わないので冷やす必要がなく、冷却ジェルなしに快適に脱毛できます。
他のサロンで脱毛したら痛くて耐えられなかった人や肌が弱くて脱毛できない人、また、敏感肌で他のサロンで断られた人などにおすすめで、ニキビやシミ、傷があっても可能で日焼けしていても脱毛できます。