脱毛サロンの脱毛は痛い?

脱毛サロンの脱毛は痛いのか心配する人がよくいますが、痛みについてはそれほど心配することはありません。脱毛サロンの脱毛は痛いのか不安な気持ちになることがよくありますが、実際のところはそうでもありません。痛みについては体験者の口コミによると、意外とあまり痛くなかったという感想が多くなっています。

ただ痛みについては、部位でも大きく変わってきます。脇の下やVIOラインのような毛が太めの部位は痛く感じやすく、腕や背中はあまり痛みを感じません。

また、サロンによっても大きく異なります。各脱毛サロンでは脱毛方法や脱毛器の種類が違い、光の強さも違います。そして痛みの違いの要因はサロン以外にもあり、個人でも感じる痛さは変わります。たとえば痛みに敏感な肌質の人や痛みを強く感じますが、痛みに強い人はそうでもありません。

また気分や体調によって痛みは異なります。ただ全般的に言えることは、最近の脱毛サロンで使用されている脱毛機械は進化しているということです。日々改良が重ねられているので、昔と比べると痛みを感じにくくなっています。

デリケートな部分の脱毛には痛くない脱毛方法が最適

デリケートな部分の脱毛は痛みが気になるので、できるだけ痛くない脱毛方法を選ぶ必要があります。脱毛する場合、脱毛機によって痛みが激しくなります。医療レーザー脱毛は痛みが強いので、デリケートな部分の脱毛にはおすすめできません。おすすめは光脱毛で、比較的痛みが少なくなっています。

痛くない脱毛方法と言えばSSC式脱毛があり、ミュゼや脱毛ラボが採用しています。また、エピレも国産の脱毛機なので痛みは少ないです。デリケートな部分の脱毛をするならキレイモもおすすめで、冷却装置で肌を冷やして麻痺するので痛みがほとんどありません。

そしてデリケートな部分の脱毛をするのに最も適している脱毛サロンが、痛くない脱毛と宣言しているディオーネです。ここではハイパースキン脱毛を導入していて、毛周期の休止期に当たる毛穴にできる発毛因子である毛の種のようなものを消滅させていく方法を取っています。発毛因子は高温の光でなくても十分に消滅させることができます。ディオーネの脱毛の体感温度は38度くらいなので痛みがありません。 黒い毛に働きかける仕組みではないので、デリケートゾーンでも痛みなく照射することができます。

現在最も痛くないと言われるハイパースキン脱毛とは?

現在最も痛くないと言われるハイパースキン脱毛とは、これまでの脱毛サロンで行ってきた光脱毛とは異なるアプローチで脱毛する方法になります。光脱毛の場合、メラニン色素に反応する光を照射することで毛を生やす細胞を焼き切るのですが、ハイパースキン脱毛はそれとはまったく別の方式になります。

一般的な脱毛サロンでは黒に反応する高熱で成長期の毛の毛根にダメージを与えるので、70度~80度くらいの高熱を入れることになります。そのため、光脱毛は熱くて痛いのです。

ハイパースキン脱毛は、休止期の毛根に特別な光を当てることで毛の成長を止めます。光脱毛のように黒に反応する高熱ではなく、人の体温とほとんどおなじくらいの熱量しか入らないので、熱くなくて痛くありません。

ハイパースキン脱毛は高熱を使わないので冷やす必要がなく、冷却ジェルなしに快適に脱毛できます。他のサロンで脱毛したら痛くて耐えられなかった人や肌が弱くて脱毛できない人、また、敏感肌で他のサロンで断られた人などにおすすめで、ニキビやシミ、傷があっても可能で日焼けしていても脱毛できます。

更新履歴